【楽譜】紙の色って読みやすさに影響する説

ピアノ弾きアーニャです。

紙っていろいろな色や質のものがありますよね。

楽譜にももちろんいろいろあります。

ちょっとツルっとしていたり、
画用紙みたいだったり、
白かったり、
黄味がかっていたり……。

私、楽譜は出版社によって
音符の癖(?)や印刷の濃さで読みやすさが変わるなぁ~
と、ずっと思っていたのですが、

「紙の色って結構関係あるんじゃないか?」

と、いうのが本日の感想です。

最近、ブルグミュラーやチェルニーのリトルピアニストを
開くことが多いのですが、
楽譜はシンプルなのにすんごく読みづらくて。

ちなみに全音です。

これよりも春秋社のスクリャービンのごちゃごちゃ楽譜の方が
見やすいくらいです、はい。

春秋社の楽譜は真っ白の色画用紙みたいなイメージですが、
全音は紙が少し黄味がかっているのです!

!!!

そういえば、パデレフスキ版も紙が黄味がかっていますが、
私は昔から白いコピー用紙に印刷した方が
譜読みが捗っていました。

!!!!!

紙色関係あるんじゃないか!?

先ほど挙げた全音版チェルニーのリトルピアニストは
1頁内に小節数も詰め込んでいる感じがします。

だから初見で弾こうとするとゴチャゴチャに見えて
目がしょぼしょぼってなるのか(´・ω・`)ショボーン

ヘンレ版はそこまで黄味がかっていないからか読みやすいですね。
五線の幅も自分にとってはちょうどよく感じる
というのもあると思います。

「初見が得意じゃない!」
「楽譜読むのとにかく時間かかるわ……」

って方は、楽譜の紙の色も関係あるかもしれませんよ!!!

もちろん原因はそれだけでないので
そこのところはご了承ください。

それではまた更新します!

タイトルとURLをコピーしました