【経験談】海外でパスポートを紛失したらまずやる4つのこと【再発行】

どうも、アーニャです。

2年間ロシア・モスクワ留学をしていた中で一番焦った出来事……「パスポート紛失」
ネットで調べても情報が少なく、当時はとても不安でした。

YouTubeにもパスポート紛失時のことをアップしましたが、今回は記事にして紹介します。

↓↓↓その時の動画はこちら↓↓↓

【終了】海外(ロシア)でパスポートを紛失しました【前編】

失くしたときの状況

・2020年2月にロシア, モスクワで紛失
・ビザの期限は5ヶ月後
・帰国日も5ヶ月後

パスポート、ビザを現地で再発行する流れに

帰国日が迫っているときは、帰国のための渡航書の発行が可能です。
参考:外務省 海外安全ホームページ パスポートについて

大使館へ行く/連絡する

落としたかもしれない場所に尋ねて、それでも見つからなかったので私はロシア大使館へ行きました。
大使館が離れたところにあったら電話やメールで連絡してもよいと思います。

大使館では、

・その後の流れ
・警察署の場所

を教えていただけました。

また、新しいパスポート発行に必要な

・紛失一般旅券等届出書
・一般旅券発給申請書


もいただけました。

パスポート紛失後、新たなパスポート発行に必要な書類は、

・紛失一般旅券等届出書
・一般旅券発給発給申請書
・警察署発行の紛失証明書
・6ヵ月以内撮影の顔写真2枚(4.5×3.5cm)
・6ヵ月以内に発行された戸籍謄本、または抄本


です。(その他、本人確認書類等が必要な事も)
参考:外務省 海外安全ホームページ パスポートについて 

大使館に入る際にはパスポートの提示が求められましたが、パスポートを紛失したと伝えて、以前偶然スマホで撮影していたパスポートの顔写真ページを見せたら大丈夫でした。何とかなります。

留学生は通っている学校にも知らせた方が良いでしょう。
正直に失くしたことを知らせに行ったら、パスポート・ビザ・出入国届・滞在登録証のコピーをもらえました。

警察署で紛失届を提出する

警察署で紛失届を提出しないと先に進みません。
私は大使館で教えてもらった大使館近くの警察署へ行きました。

警察署に入るのにもパスポートの提示が必要でしたが、ここでもパスポートを紛失したこと、そして顔写真ページの写真を見せたら大丈夫でした。

マジでパスポートの顔写真ページとビザのページは写真撮るなりコピーを携帯しておくなりしておく方がいいです

警察署の中でパスポートを失くしたことを伝えると、紛失届の書類を渡されました。
そこに名前なり電話番号なりを記載しなくてはいけないのですが、何がいつどこであったか(この場合はいつどこでパスポートを失くしたか)を書く必要がありました。

(ちょっと書くのに時間がかかりそうだな……)と思っていたら、同じく何か届け出を出しに来ていたロシア人のおばさんが、私に簡単に質問して代わりに書いてくれました!感動…!

そんなミラクルが起こらず現地の言葉がわからなくても、Google翻訳が以前よりも進歩しているし何とかなるはずです。

紛失届が書けたら提出し、その後3分ほどで紛失証明書がもらえました。
(恐らく混んでいたらもう少し時間がかかるかも)

厄介な戸籍妙本

さて、パスポート再発行に必要な物の残りは戸籍謄本か妙本のみになりました。

こちら、持ってきていなかったら日本から原本を送ってもらうしかありません!
しかも6ヵ月以内にとったものでないといけないという。なんだこれ。

大使館の人に相談したらDHLEMSを使うことをオススメされました。
郵送費がかかるけどしょうがない。

受取の際にパスポートの提示に不安だったら、友人知人に協力してもらって名前を借りるのも手かもしれません。

証明写真を準備し、日本大使館へ

モスクワでは証明写真は町中のコピー屋さん・写真屋さんで撮影してもらえるところが殆どです。撮影後、すぐに印刷してくれますし、綺麗に速く撮ってくれます。
(私はモスクワ音楽院の斜め向かいのムルトゥスで撮ってもらってました)

書類が全て揃ったら日本大使館へ向かいます。
(一般紛失等届出書、一般旅券発給申請書は大使館内でも書けますが、手元にあれば記入しておきましょう)

その後は大使館の方に従えばOK。モスクワ大使館だと申請日の翌々日(休館日を除く)に発行されます。

発行のための手数料も必要です。
参考:在ロシア日本大使館 一般旅券の発給

後日談

こちらもYouTubeにて発信しましたが……

翌日、発見されました。

警察署に届いたか警察の人が見つけたか、警察署のデーターベースにあったかわからないのですが、紛失届を提出した翌日昼前にパスポートが見つかったと電話が。

電話があったのは警察署からではなく、通っているモスクワ音楽院のいつもお世話になっている外国人科の人からでした。音楽院が招待したビザだったから、それを警察の人が見て音楽院に知らせてくださったようです。

パスポートを預かっている警察署(紛失届出したところとは別の場所)も教えてくださったので、即受取りに行きました。小さい交番みたいなところでしたね。

預かっている警察官の名前とパスポートを受取りに来たことを告げたら案内してくださり、名乗ったら簡単に受け取れました。

警察官がこう見つけてくれる(?)のは稀らしく、何かちょっとしたお礼のお菓子か何かを持っていくことを音楽院の人から勧められたので、お茶屋さんで500ルーブル(当時800円程)のお茶菓子を買っていきました。(そこはお茶買えよ)

海外へ行く方へ:紛失(対策込み)アドバイス

パスポートを実際に失くした経験から、もしもに備えてのアドバイスを。

・パスポートの顔写真、ビザのページだけでもいいのでコピーをとったり写真を撮っておく

・戸籍謄本or妙本の原本は持っていっておく

・紛失届を提出してから1,2日待ってから新たなパスポートを発給する
(私のように翌日見つかる可能性もある)

私の場合、妙本を日本から送ってもらわなければならず、紛失届を出してすぐに新パスポートの発給に行けなかったからある意味よかったです。色々運がよかった。

最後にこれだけ言う。

なんかあったら日本大使館に頼れ!

マジで心強い味方よ。

最後に

今回、自分の経験からパスポートを海外で紛失したときにとった行動を書きました。

「自分は大丈夫」……私もそう思っていた1人です。もちろん気を付けていましたが。

気を付けていても落とすときは落とすし、もしかしたらカバンごとひったくられることもあるかもしれません。
起こってしまったことはどうしようもないので、1人で悩まず大使館へ相談することをオススメします。

最後に、

パスポートが発見されたときの動画を埋め込んでおきますね。

【後編】パスポートを紛失した翌日…【後編】

まだ海外旅行が出来るようになるには時間がかかりそうですが……
また気楽に旅行できる日が来ますように。

ってことで今回は以上です。
お読みくださりありがとうございました。

さらばだ、サラバンド!

タイトルとURLをコピーしました